平成24年5月7日より、外国人労働者にポイント制を導入し、ポイント数によって高度人材と認められた場合の優遇装置が設けられました。

本制度は高度人材外国人労働者の受け入れを促進し、経済成長や新たな需要と雇用の創造を目的としています。

高度人材の認定方法は以下の通りです。
1 現在就労が認められている外国人労働者の活動内容を『学術研究活動』、『高度専門・技術活動』、『経営・管理活動』の3つに分類し、各分類毎に定められたポイント計算表を使い、ポイントを算出。
2 ポイント数が70点以上の外国人労働者を高度人材とする。

高度人材と認められた場合の優遇措置は以下のものがあります。
1 複合的な在留活動の許容
2 「5年」の在留期間の付与
3 在留歴に係る永住許可要件の緩和(概ね5年とする)
4 入国・在留手続の優先処理
5 高度人材の配偶者の就労
6 一定条件下での高度人材の親の帯同を許容
7 一定条件下での高度人材に雇用される家事使用人の許容

なお、本制度の開始に伴い、公共職業安定所への外国人労働者届出方法も変更となります。

詳細は以下をご覧ください。
≪法務省HPより≫
http://www.immi-moj.go.jp/info/120416_01.html
≪厚生労働省HPより≫
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/gaikokujin-koyou/dl/g120424.pdf

ペイロール事業部 神田 晃二郎