雇用保険遡及加入が2年を超えてできるようになりました。

2010年10月8日
従来、雇用保険遡及加入手続きは2年以内の期間に限り可能でした。
しかし、平成22年10月1日から、雇用保険料が給与から天引きされていたことが明らかである場合は、2年を超えて遡って雇用保険の加入手続きができるようになりました。
かねてから取得手続きの漏れによるトラブルが多発していた為です。

対象となるのは
? 平成22年10月1日以降に離職した方
? 在職者の方

給与天引きの有無は以下の書類によって確認する事になります。
? 給与明細
? 賃金台帳
? 源泉徴収票

これにより、離職の際の基本手当受給日数が増える場合があります。
また各事業所においては関連の問合せが公共職業安定所より寄せられる可能性があります。

手続き詳細は各最寄りの公共職業安定所に確認して下さい。

雇用保険加入手続き漏れを是正する制度が変わります(厚生労働省HPより)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/dl/koyouhoken04.pdf

ペイロール事業部  神田 晃二郎