社会保険(健康保険・厚生年金)の被保険者が、現在支給されている給与(報酬月額)と、各月の社会保険料額の算出に用いられている“標準報酬月額”との間に大きな差が生じないよう、毎年1回 、4・5・6月に実際に支給された給与額を基に実態にあった“標準報酬月額”への見直しを行います。その手続きのことを「算定基礎届」(定時決定)といい、毎年7/10までに社会保険事務所、または健康保険組合に書類を提出することになっています。

算定基礎届の対象者は7/1現在、被保険者である人全員が対象です。但し、6/1以降に被保険者となった人については今回の対象とはなりません。

6月支給給与の処理が終わった会社は、もう算定基礎届の記載の準備ができているということになります。但し、算定基礎届の処理は、算定基礎日数の考え方や、報酬に含めるもの含めないものの判定やらと、初めての行う人が理解するのはかなり困難な手続きのひとつです。

エスティワークスでは、算定基礎届をはじめ、各種社会保険手続きをトータルでサポートさせて頂いておりますので、ご不明点等ございましたらお問合せ頂ければと思います。

チーフコンサルタント 坂本