健康保険及び厚生年金保険の被保険者は、7月1日現在の全ての被保険者に係る標準報酬月額を決定するために、「算定基礎届」を提出する必要があります。
この「算定基礎届」の提出により、9月から翌年8月までの1年間の標準報酬月額が決定されるのですが、この決定を定時決定といい、社会保険料額の計算や被保険者である各従業員が将来受け取る年金額等の計算の基礎となります。

【算定基礎届の提出が必要な方】
1. 5月31日以前に入社(資格取得)した被保険者で、7月1日現在、在職中の人
2. 7月1日以降に退職(資格喪失日が7月2日以降)する人
3. 欠勤中または休職中(育児休業・介護休業含む)の人
4. 健康保険法第118条1項に該当する人(少年院その他これに準ずる施設に収容された人、刑事施設・労役場その他これらに準ずる施設に拘禁された人)

【算定基礎届の提出が不要な方】
1. 6月1日以降に入社(資格取得)した被保険者
→資格取得時の標準報酬月額が翌年8月まで適用される為
2. 6月30日以前に退職(資格喪失日は7月1以前)した人
3. 7月に月額変更届・育児休業等終了時変更届を提出する人
4. 8月、9月に月額変更届・育児休業等終了時変更届を提出する予定の人
→ただし、月額変更・育児休業等終了時月額変更の要件に不該当と判明した際には、速やかに「算定基礎届」を提出しなければなりません。

【提出方法】
電子申請、郵送、窓口持参
※届出用紙によるほか、電子媒体(フロッピーディスク、MO、CD又はDVD)による提出が可能です。

【提出先】
算定基礎届は、加入している健康保険制度によって提出先が異なります。
・全国健康保険協会管掌(協会けんぽ)の場合→管轄年金事務所
・健康保険組合管掌の場合→管轄年金事務所、健康保険組合

【提出期間】
平成24年7月2日(月)から7月10日(火)まで
詳細は下記HPをご覧ください。

◆日本年金機構HP
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=2053

ペイロール事業部 浅野 彰仁