平成24年6月1日から6月30日までは外国人労働者問題啓発月間です。
この間は外国人労働者が多い地域の労働局、監督署、安定所による訪問指導が行われます。

現在日本で就労する外国人労働者は増加傾向にあり、今後も政府の成長戦略により優秀な外国人労働者の誘致が推進されていきます。
事業主は外国人労働者を雇用する際、雇用対策法に基づく届出や、雇用管理に関する指針に従う必要があります。

啓発月間に関する詳細は以下をご覧ください。
≪厚生労働省HP≫
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002ag3s.html

ペイロール事業部 神田 晃二郎